【次元の迷路】狂気の祭壇の「ボランタ」「ラモグ」の攻撃パターン

ここでは、次元の迷路の狂気の祭壇に出現する「残酷な警備隊長:ボランタ」と「狂気のオーク:ラモグ」の攻撃パターンを解説します。


目次

血の女伯爵の寝所はこちら→【次元の迷路】血の女伯爵の寝所「レオナード」「トリシャ」の攻撃パターン


残酷な警備隊長:ボランタの攻撃パターン


「残酷な警備隊長:ボランタ」は、ダンジョン内では中ボスクラスに位置して立ちはだかります。

対象を気絶させて固定ダメージを与えてきたり、前方に範囲攻撃をしてきたりと中ボスとはいえ油断ならないモンスターです。


大地破裂


大地破裂は、前方の範囲内にいる対象にダメージを与えます。
範囲はあまり広くありません。攻撃範囲が表示されたら確実に避けるようにしましょう。


ロックオン


ロックオンは、範囲内にいるプレイヤーのなかから1人を攻撃対象に指定します。指定されたプレイヤーは気絶して動けなくなります。


ロックオンで気絶したプレイヤーに対して、斧投げの攻撃をします。


斧投げ


斧投げは、前方の範囲に斧を投げて固定ダメージを与えます。
固定ダメージは難易度によって変わり、EASYの場合は25,000ダメージ、NORMALの場合は50,000ダメージをプレイヤーに与えます。

ただし、斧に当たった人数によってダメージ量が分散します。

例(EASYの場合):斧投げを2人のプレイヤーが受けるとそれぞれ12,500ずつダメージを受ける。


また、斧に当たった対象には火種がつきます。
火種は一定時間後に爆発し、対象をノックダウンさせてダメージを与えます。

さらに、ダメージを受けた対象の足元に火炎を作り出して追加ダメージを与えます。


紫色のダメージエリアに注意


ボランタは紫色の沼地のようなダメージエリアを出現させます。
このエリア内ではダメージを受けてしまうので、入らないようにしましょう。


狂気のオーク:ラモグの攻撃パターン


「狂気のオーク:ラモグ」は、ダンジョン内でボスとして出現するモンスターです。
広範囲の攻撃を連続で仕掛けたり、大爆発を起こす火種を召喚したりします。


狂気の剣


狂気の剣は、扇状の範囲に攻撃をします。
ダメージを受けた対象は発火します。

発火した対象は、ラモグが召喚するパアグリオの火種が爆発するときに、追加ダメージを受けます。
発火は最大5回まで重複し、その分追加ダメージが大きくなります。


破滅


破滅は、ラモグが中央に移動して扇状にいる対象にダメージを与えます。このスキルは4回連続で発動し、発動するたびに方向も変わります。

はじめは時計周りに、HPが1/3ほどになりラモグの体がオレンジ色になると反時計回りに発動します。

こちらのスキルもダメージを受けた対象を発火させます。

発火した対象は、ラモグが召喚するパアグリオの火種が爆発するときに、追加ダメージを受けます。
発火は最大5回まで重複し、その分追加ダメージが大きくなります。


破滅は広範囲なうえに連続で攻撃してくるので、アクティブスキルは使用せずに避けながら通常攻撃を与えるようにするのが良いですよ。


爆発の合図


爆発の合図は、ラモグが中央に移動してパアグリオの火種を召喚します。
召喚されたパアグリオの火種はラモグに向かい、ラモグと接触すると大爆発を起こしダメージを与えます。


このとき、プレイヤーが発火していると追加でダメージを受けてしまいます。
パアグリオの火種を召喚したら、ラモグに接触するまえに倒してしまいましょう。


ネビュライトクリスタルを破壊すると気絶する


ラモグとの戦闘中に、ネビュライトクリスタルというものが出現します。このネビュライトクリスタルを破壊すると、一定時間ラモグが気絶をするので出現したら破壊するようにしましょう。


ネビュライトクリスタルが出現すると、ラモグとのあいだに紫色の光が表示されるのでわかりやすいですよ。

コメント

お名前(10文字以内)

コメント(100文字以内)

  • 投稿者:あああ

    2017-10-12 20:26:09

    ロックオン後の斧攻撃に対する対処は知らんかった!
    有難いですね。
    でも先の人も申してたとおり牢屋ゾーンのウジ虫ゾンビの対処は乗せて欲しかったですT-T

  • 投稿者:三

    2017-10-09 02:37:43

    分散させるときは味方同士が離れてないと、紫が重複して大変なことになるから注意

  • 投稿者:野獣

    2017-10-08 22:32:43

    そんなことよりウジ虫が大量にわく牢屋みたいなところ解説したほうがいよ
    知らないと一番壊滅率が高い
    いまだに何も知らずに正面から特攻かける地雷いるし

もっとみる>